金買取で盲点やトラブルにならないための準備

金買取をしてもらう場合には、いろんな盲点やトラブルに襲われないようにするための様々な対策が求められます。
まずは金の買取相場を知っておくことで、不当に安く買いたたかれないようにするための防衛対策をすることができます。
その次は自分から買取を求める行動を起こすことです。
自分から金買取をしてもらう行動というのは、その前に業者が悪質でないことを調べるためです。
というのは悪質な業者のなかには電話や訪問をしてきて、その場で居座る人もいるといわれているからです。
次に気を付けることは、身分証明書を用意しておくことです。
というのは買取は古物商としての扱いなので、金だろうが古本だろうが、法律でそれを提示することが必要だからです。
それで盲点になりやすいのは、200万円以上の価値が付いた場合です。
このときは別の法律でマイナンバーを提示することが必要になりました。
そして地金等の譲渡の対価の支払調書という書類に記載をしなければならなくなりました。
これで高額なお金の流れを税務署は把握しようとしています。